猫に関する質問



猫に関する質問

  • ProBiotic LIVE is は、猫に必要な全ての栄養素を満たすよう調製されており、標準食として使用できます。
  • 太り過ぎのリスクを最小限に抑えるため、猫の体重を頻繁に測定し、その結果をもとにフードの量を調整することが重要です。
  • 餌は、一日に最低2回に分けて、できればもっと多くの回数に分けてください、猫は、一日を通して何回も少量の食事をとることを好みます。
  • 正確に餌をやっているかどうか疑問に感じることがあれば、体重を定期的に測ることが良いでしょう。そうすることによって、猫の体重が減ったか増えたかわかり、与えるえさの量を調節することができます。猫が正常な給餌状況を維持しているか見るのには、体重測定が最も良い方法です。猫が500g 増えたか減ったかを目で確認するのは難しいからです。
  • 常に新鮮で冷たい水が飲めるようにしておいてください。

一般的に、猫は12ヶ月で成猫になります。しかし、大型の猫種では、それより遅れて成熟します。猫が1歳になった時にKITTEN からADULTに切り替えることをお勧めします。4ヶ月齢から1歳までは、仔猫のエネルギー必要量は変わりません、したがって、この期間は仔猫に同じ量のフードを与えることが可能です。仔猫が1歳になる前に去勢された場合、エネルギー必要量は変化しますので与えるフードの量もそれに伴って調製する必要があることに注意してください。しかしながら、去勢されたとしても仔猫は成長し続けていますので 引き続きKITTENを与え、ただし、より少量を与えることを強く推奨します。

生まれた時から育つまで仔猫には安全性、愛、そして配慮が必要です。安全な環境は、仔犬が学び成長するための最高の条件を与えます。それ以外では、仔猫が必要な栄養素に従って餌を与えることが重要です。仔猫が経験する非常に素早く成長する期間は、仔猫にとってとてもストレスの多い期間です。その他、幼い仔猫の免疫系はまだ完全に発達していませんので、ミフローラが簡単にバランスを崩してしまいます。ProBiotic LIVE は、仔猫の最高の栄養条件を確保し、バランスのとれたミクロフローラと健康な消化を助けるプロバイオティクス細菌の供給します。このようにして、仔猫は生涯の最高の第一歩を踏み出すことができるのです。

ほとんどの猫は、乳糖不耐症、すなわち牛乳に含まれる糖分に対して「アレルギー」があります。猫がミルクを飲んでいたりボールからクリームを舐めている写真は、誤解を招くもので、通常の牛乳は猫に下痢を引き起こします。仔猫には母猫の母乳が必要ですが、離乳後はそれは必要なく、離乳後の仔猫が水以外のものを飲むことは不自然なことです。もし母猫が十分な母乳を出さない場合、特別な処方の代替品をサプリメントとして使う必要があります。

ざらざらとした猫の舌は、毛づくろいをした時に毛を摂食してしまう素因となっています。それらの毛が猫の胃の中で集まった時、毛玉ができ、それは嘔吐して吐き出されるか消化系を通過するかのどちらかです。猫が大量の毛を摂取した場合、それを通過させて排泄するのが困難になることがあります。フードに余剰の繊維質を加えることにより、毛玉が通過しやすくなり、便秘のリスクが最小限に抑えられます。
猫が毛玉による大きな問題を抱えてる場合、定期的にブラッシングをしてやることや、餌にキャットモルトやオイルサプリメントを加えて毛玉の排泄を容易にしてやるのが良いでしょう。毎日キャットモルトをサプリメントとして加えてやる場合、腸内粘膜をコーティングしてしまうリスクを最小限にするため、パラフィンオイルを含む製品を避けることをお勧めします。LIVE CATの全てのバラエティーには、高用量のサーモンオイルが含まれており、毛玉の形成を減少する手助けとなっています。

進化の過程を通じて、猫は大量の肉を食べる習慣を身に着けました。猫は肉食性動物なので、食物中のタンパク源として肉に依存しています。猫は犬と比較してより多くの栄養素を必要とします、それは、例えばビタミンAやいくつかのアミノ酸など、いくつかの栄養素を猫が体内で生成できないからです。猫は、十分な量のタンパク質と必要な栄養素を得るため肉が必要なのです。これは、犬と反対で、猫はベジタリアンとしては生存できないのです。

猫は、体が正常に機能するために、食物を介して一定の栄養素をとる必要があります。(したがって、ほとんどのドッグフードは、タンパク含量が低すぎ、含まれる栄養素も猫の必要性に適合するようになっていないので、猫にとって十分ではありません。しかし、猫が時折ドッグフードを食べることによる害はありません。

はい、ProBiotic LIVE CAT のすべてのバリエーションは、尿のpHを6.0から6.5に保つように働きます。この領域のpH を安定に保つことにより、尿管結石の形成や感染のリスクを最小限に抑えます。

キャットフードをProBiotic LIVE に切り替えるのには、徐々に変えていく必要はありません。プロバイオティクスを含んでいるので、最初の日から最適な消化が保証されます。

プロバイオティクスを含んでいるので、成猫用ADULTの異なる風味の製品を数日混ぜることをしないで交互に利用することが可能です。仔猫用KITTENから成猫用ADULTに替える時には、2週間くらいの期間に成猫用ADULTを仔猫用KITTENに混ぜる量を徐々に増やしていくことをおすすめします。

猫が歳をとるにつれて臓器に多くの変化が起こります。これらの変化を、高齢の猫のフードを選択する時に心に留めておくことが重要です。したがって、品質の高いフードを選択し、高齢の猫が必要な全ての栄養素を摂取できるようにすることが重要です。最も重要なことは、健康で最適な体重を維持できるようにすること、また同時に加齢による明白な兆候を予防または軽減することです。
上記の要因から、高齢の猫は、若い時に比べ活動的ではないため、高齢の猫のフードは低カロリーであるべきです。また、肥満を防ぐため、高齢の猫には最低1日に2回慎重に測り取った食事を与えるようにすることを推奨します。場合によっては、例えば病気の懸念など特別なニーズを考慮してサプリメントを追加することが有益であることがありま す。

高齢で去勢された不活発な猫は、太り気味になることがあります。猫の肥満は人間の肥満と同じ結果に至るので、体重超過は何としても避ける必要があります。関節に問題がおこるリスクの増加、糖尿病、心臓病などが肥満に関連する影響の例です。生命にかかわる肝臓障害を発症するリスクにつながるので、猫は飢餓状態にしないことが重要です。したがって、猫を空腹にしてスリムにしようと試みないで、餌の与え方を変えることが重要です。LIVE ADULT DUCKは、ADULT LAMB と同じ栄養素を含んでおり、ただカロリーが低くなっています。したがって、ADULT DUCKは、活動的ではない高齢の猫、または去勢された太り気味の猫に最適の選択です。

その理由は、タンパク質の含量を増やし同時に脂肪の量を減らした場合、より良い燃焼が達成できます。タンパク質と炭水化物はほぼ同じ量のエネルギーを持っていますが、脂肪はその2-3倍持っています。したがって、脂肪の量を減らした場合、フード中の総エネルギー量/カロリー量を増やすことなく追加のタンパク質を加えることが可能です。
フードのタンパク質含量を増やすことは代謝に有益な効果をもたらすことが研究によって示されています。それはタンパク質を代謝する方が炭水化物を代謝するよりより多くのエネルギーを必要とするからです。タンパク質の消費を増やすことによって、満腹感を増強することができます。
上記以外では、どの製品のタンパク質、脂肪、および炭水化物が変換されて含まれているかに違いがあります。猫がエネルギー必要量に基づく必要以上の脂肪を与えレれた場合、余剰の脂肪は体内のエネルギー貯蔵所として蓄積されます。同じことが炭水化物にも当てはまります。反対にタンパク質は、アミノ酸に分解され、筋肉の一部形成と保持に使われその場に蓄積します。したがって、タンパク質含量を増やすことは、体重過剰のリスクが減少します。

猫が去勢されると、代謝が急激に減少します。猫に与えるフードの量をそれに伴って調整することがとても重要です。猫の肥満は人間の肥満と同じ結果に至るので、体重超過は何としても避ける必要があります。関節に問題がおこるリスクの増加、糖尿病、心臓病などが肥満に関連する影響の例です。
注意しておかなければならない要因に、去勢された猫は往々にして活動性が低く、エネルギー必要量はそれほど高くないということがあります。それまで無制限に食事をさせていたのであれば、量を計った餌やりをお勧めします。無制限に食事をさせていると猫は、実際に必要な量以上に食べてしまうことがあるからです。それ以外では、餌を高い位置に置いて猫に作業をさせることは良いアイデアだと思います。そうすることにより、猫は食べるために動くことを強制されるからです。

下痢をおこしている猫には容易に消化できる食事と吸収の良い栄養素が必要です。ProBiotic LIVE を使用することにより、その要件が確実に満たされます。その他、プロバイオティクスを加えることより腸内の正常なバランスを素早く修復することができ、素早い回復を手助けします。

猫が食べるのをやめる理由にはいろいろな原因があります。病気の兆候である場合もありますが、フードが正しく保管されていなかった場合もあります、また単に新しい風味やブランドが嫌いな場合もあります。ペットフードによっては正確なレシピに基づいて製造されていない製品もあり、袋ごとに風味異なるような製品もあります。ProBiotic LIVEではそのようなことはありません、それは、この製品が毎回同じレシピに基づいて製造されているからです。それにより、どの袋も同じ品質で同じ風味であることを保証しています。その他、全てのカリカリはサーモンオイルによってコーティングされており、好き嫌いをする猫にとっても良い口当たりとなっています。

ProBiotic LIVE のような高品質のバラエティーからフードを選ぶ場合、ウェットフードかドライフードかの違いは、猫の健康と栄養にとって重要ではありません。仔猫のフードに関しては、通常、栄養素の関して言えば両者に違いはありません。しかし、両者には賛否両論があります。ドライフードをウェットフードに混ぜることにより始めると、ミルクから固形のフードに移行するのがスムーズになることがあります。ただし、猫は歯石ができるのを防ぐため、歯を使わなくてはならないので、ウェットフードだけを与えてはいけません。また、ドライフードを与える方が多くの場合ウェットフードより経済的です。