プロバイオティクスとは

プロバイオティクスとは?

世界保健機構 (WHO)の定義によるとプロバイオティクスとは、「十分な量を与えた時、その宿主に健康利益を与える生きた細菌」のことです。この定義によると、プロバイオティクスは生きた細胞であることが重要だということを強調しています。プロバイオティクス細菌はすでに腸内に生息する善玉菌をサポートします。これらの細菌は、栄養素の消化と腸内のミクロフローラのバランスを保つのに必要です。


プロバイオティクスはどのように働くのでしょうか?

プロバイオティクスは、次のようなメカニズムで働くことがわかってきています:

  • 栄養素の競合 – 腸内では善玉細菌と病原菌は同じタイプの栄養素を利用しています。その結果として、細菌の成長と増殖に必要な栄養素の取得を細菌同士で競争することになります。プロバイオティクスが導入されると病原菌の利用できる栄養素が全体的に減少し、その結果、病原微生物のレベルを最小限にします。
  • 付着部位の競合 – 善玉細菌は、腸内のいたるところの内壁に付着しコロニーを形成することができます。これにより、病原菌が足場を作ることを防ぎ、その結果体内から排除されます。
  • 消化の改善 – プロバイオティクスが消化の効率を増加し、消化を改善することが示されています。
  • 乳酸の生産 – プロバイオティクスは、腸内のpHを下げる働きをし、よりアルカリの環境を好む病原菌の成長を抑制する乳酸を生産します。
  • 免疫への効果 – プロバイオティクスは、細胞シグナル化学物質のレベルを上げ、感染に抵抗する細胞(白血球)の効率を上げることがわかっています。


良いプロバイオティクスペットフードとは?

ペットのためにプロバイオティクスを選ぶとき、できる限り最善の製品を見つけることが重要です。プロバイオティクスを評定している時、次のことをチェックすることが重要です:

  • 安全性 – 選択された微生物は、非病原性で無毒でなければなりません。EU内では、全てのプロバイオティクスは各動物種ごとに使用登録しなければなりません。例えば、Enterococcus faecium (DSM 10663/NCIMB 10415) 4b E1707 は、犬と猫に使用するため登録されています。
  • 生存性 – プロバイオティクス製品に含まれる微生物は、保管中も生存可能でなければなりません。プロバイオティクスは、また、腸にコロニーを作ることができるように、安全に胃を通過しなければなりません。良質のフリーズドライ製法により、製品が使用期限までの保管期間を通じて室温で保管することを可能にします。マイクロカプセル化により、胃内の酸性環境から保護することができます。
  • 十分な数 – プロバイオティクスの濃度は、有益な効果を提供できる包含レートでなければなりません。
  • 品質保証 – プロバイオティクス製品を製造する際、高い品質標準と工程が不可欠です。それにより、製品が表示されている仕様を満たし、効果的で安全に使用できることを保証します。

プロバイオティクスを使用することによる副作用はありますか? 与え過ぎになることがありますか?

プロバイオティクスに関連する副作用はありません。全ての EU登録済みプロバイオティクスは、各動物種毎の使用認可を得る前に厳しい安全性試験をパスしなければなりません。プロバイオティクスが、毒性を持つという所見は今まで一度もありません。推奨される濃度の100倍でさえも何の問題も起こしません。全ての余剰分は、糞に排泄されるので過剰に与えることは不可能です。腸内では病原菌のみが過密状態になることが可能で、それにより下痢を発症します。プロバイオティクスを毎日与えることによりそれが起こることを防ぐことが可能です。


プロバイオティクスを抗生物質と同時に使用することができますか?

抗生物質が使用されている場合、特に経口投与されている場合、通常の腸内フローラは攪乱されています。抗生物質の使用が長引く場合、腸内フローラに対する影響は多大です。データによると、抗生物質と同時にプロバイオティクスサプリメントを摂取することにより、抗生物質に関連する下痢の発生率が減少することがわかっています。プロバイオティクスは、抗生物質と一緒に与えないでください、できれば少なくとも3時間の間隔をあけて与えてください。プロバイオティクスは、抗生物質の効果には影響を与えません。


プレバイオティクスとは?

プレバイオティクスは、種々の植物、野菜、穀類などに含まれる消化不能な炭水化物 (複合糖質)です。複合糖質は善玉細菌の栄養源となり成長を促します。これらの糖質は、複雑な構造のため、唾液や胃内の酵素によって消化されることに耐性があり、腸内に入り、プロバイオティクス細菌によって発酵されます。プロバイオティクス細菌を選択的成長促進をすることから、プレバイオティクスは腸のシステムに対しても有益です。

全てのProBiotic LIVE製品に使用されているプレバイオティクスは、Protexin に限定されており、 フラクトオリゴ糖(FOS)とアカシア(アラビアゴム)からできています。このダブルプレバイオティクス供給源により、単一のプレバイオティクス供給源に比べより広範囲に効果を発揮することができます。


生きたヨーグルトを使用することはできないのですか?

生きたヨーグルトを使用して生きた微生物を供給することができますが、その方法には、ProBiotic LIVEと比較して明らかに不利な点があります:

  • ヨーグルトに含まれる微生物の濃度は明確ではなく、比較的低濃度で、ヨーグルトの新鮮さや保管の状態により変化します。開封すると、微生物の濃度が激減することがあります。ProBiotic LIVE 製品に含まれる高濃度を保証されたプロバイオティクスと比較してみてください。
  • 実際に生きたヨーグルトに含まれる微生物の種類は、プロバイオティクスの有益性ではなく、味や食感を重視して選択される傾向があります。ヨーグルトに含まれる微生物は、プロバイオティクスの有益性を全く生み出さない可能性もあります。

プロバイオティクスは、胃酸による強い酸性の条件下で生存できますか?

全てのペット用Protexinプロバイオティクスは、マイクロカプセル化しており、胃内の強い酸性環境下から保護されています。これにより、胃を通過することができ、腸に到達しミクロフローラの状態を改善することにより、ペットに日常の健康を提供することができます。


マイクロカプセル化とは?

マイクロカプセル化とは、製造工程内でプロバイオティクス細菌を保護コーティングで包み込む工程です。これにより、摂食されるまで細菌が休眠状態になり、全てのProBiotic LIVE 製品の使用期限までの保管期間を通じて生存可能な状態を確実にするのです。